生地の種類 | Tシャツを思い出のグッズとして自分たちでデザインする

Tシャツを思い出のグッズとして自分たちでデザインする

衣類は購入だけじゃなく
制作することもできる

生地の種類

カラフル

オリジナルTシャツを作成する場合、どのようなデザインかを決める前にカラーを決定する必要があります。Tシャツの生地によって選べるカラーが存在するため、白や黒以外からも自由に選べます。オリジナリティを表現したい場合は、文字色と合わせて考えて選ぶとよいでしょう。
オリジナルTシャツの作成専門店に行けば、カラーのサンプルが確認できます。また、作成サイトで注文する場合も同様にサンプルを確認できるのでその中から選びます。
グラデーションのようにカラーが並んでいるので、クラスや企業のイメージに添って選ぶだけです。文字色が明るければ暗めの生地色にし、文字色が暗いなら明るい生地の色にするとデザインが分かりやすくなります。

日常生活やイベント時などに着用するTシャツは、一般的に選ばれているのが綿タイプの生地です。着心地が重くなく、肌触りもよいのが綿の特徴です。洗濯もできるため、着用し終わったときや汚れが付いてしまったときでも自宅で洗えます。
スポーツをするときに着用したい場合は、メッシュ生地がおすすめです。メッシュ生地は通気性がよく、汗をかいてもすぐに乾くようになっています。
普段使いでは、袖部分と胴体部分の色が最初から分かれているラグランTシャツなどが人気です。胴体部分の色と袖部分の色は、決まっているなかから選ぶだけなので作成には文字やロゴを決めるだけになります。
生地の種類によってカラーのバリエーションが決まっていたり、生地の特徴が分かれているのでよく確認することが大切です。