Tシャツを思い出のグッズとして自分たちでデザインする

衣類は購入だけじゃなく
制作することもできる

思い出を着る

学級のオリジナル

幼稚園や小学校、中学校までは学校が用意した体操着を着用する学校が多く存在します。高校に進学すると、クラスごとにデザインされたオリジナルTシャツを制作するのが主流です。クラスTシャツは、クラスの全員で着用することで団結力も更に深まります。
クラスメイトの名前や担当教諭、副担当教諭などの名前を入れるデザインも人気です。勉強やクラス活動を共にしてきたメンバーの名前を、背中面にプリントしたり、それぞれの名前を袖にプリントしたりします。
着用する場面は、体育祭や球技大会、遠足行事などがあります。各々のデザインは被ることがなく、オリジナリティが楽しめる作品です。Tシャツの生地の種類や色が一色でも、文字の色やデザインで全く別物のTシャツが作成できます。

企業のオリジナル

オリジナルTシャツは、学生だけが着用するものではありません。企業や会社でも、ロゴを挿入してデザインするところがあります。企業名やロゴをTシャツに入れれば、すぐにどこの会社か分かるので看板のような使い方ができます。
企業のオリジナルTシャツを着用する場面は、新入社員を募る会社説明会や社内のイベント時などです。企業によっては、社員が着用するオリジナルTシャツのほかに、利用客が購入できるグッズとしてのTシャツが作成されています。
オリジナルキャラクターがいれば、キャラクターをTシャツに入れて子ども向けのデザインにすることも可能です。

生地の種類

オリジナルのTシャツを作成する場合、まずは生地選びから始まります。一般的な綿の生地や、汗をかいてもすぐ乾くスポーツ向けの生地、長袖タイプやタンクトップなど様々です。

詳しく読む

プリントについて

Tシャツは文字を入れたり、ロゴや絵柄などをプリントしてもらったりできます。胸側の面のみのプリントや、胸側と背中側の両方をプリントも相談できるので予算に合わせて作成してもらうとよいでしょう。

詳しく読む

注文方法

オリジナルTシャツを作成するには、店舗に行って注文する方法とネット注文の2つがあります。店舗は中学校や高校の近くに位置することがあります。ネット注文はパソコンや携帯サイトからでもアクセスが可能です。

詳しく読む

フリー素材

デザインが無いTシャツに関しては、店舗やサイト側がフリー素材を提供しているので使うことができます。ロゴや絵柄など自由に使えるので、それらを組み合わせて作成し、オリジナリティを生み出すことも可能です。

詳しく読む